BLOGNEWS

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と「男はつらいよ〜拝啓車寅次郎様〜」の勧め

ウルフ・オブ・ウォールストリートのワンシーンで、こんな場面があります。

食事のシーンで、ディカプリ演じるジョーダン・ベルフォードと仲間たちが会話しているシーンです。

 


ベルフォード
「おい、俺にペンを売ってみろ」

 

チェスター
「先に食わしてくれ」

 

ベルフォード
「ブラッド、手本を見せてやれ」

 

ブラッド
「売れって?じゃぁ、その紙に名前を書いてみろ」

 

ベルフォード
「書くものがない」

 

ブラッド
「ほれ、需要と供給だ」

—————————————–

 

ウルフ・オブ・ウォールストリートを象徴する名シーンで、大変有名です。

ブラッドは、「名前を書け」という事で必要性を作り出したわけです。

AMAZONプライムでも見る事が出来るので、ぜひご覧ください。

※暴力的でエロチックな映画ですのでご注意を。

 

次に渥美清演じる寅さんより。

こちらは、動画がありましたので、動画をご覧いただくのがいいでしょう。

 

 

アメリカと日本では、商品の考え方が全然違いますね。

僕はどっちもいいと思います。

もっとも最近は、アメリカ型になってきたようですが。